sphere ctrl menu cross shoppingcart trash

歯周病を深刻なものと受け止める: 歯周病の社会的および経済的影響

The Economist Intelligence Unit Limited 2021

エコノミストに掲載されたこの記事は、歯周炎への早期介入による経済的および社会的利点に焦点を当てています。歯周炎の有病率は過去10年間特に変化がなく、減少もしていないため、予防策の改善と早期発見が必要です。

この記事は、歯周炎を予防および管理するための文献レビュー、専門家へのインタビューや投資収益モデルに基づいています。フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、スペイン、イギリスの6か国が、データ収集の基盤を形成しています。

予防や早期診断の向上は、経済的および社会的観点からも有益であり、集合的洞察に基づいていくつかの推奨事項が示されました。

  • 歯周炎の予防、診断および管理は費用対効果が高い

口腔内ケア、すなわち患者が行う歯磨きと歯間クリーニングは、歯肉炎予防の基本です。歯周病が発症した場合、早期の診断と治療は投資収益率にプラスの影響を与えます。

  • 歯科医療と一般医療のより良い協力関係が必要

そうすることで、口腔と全身状態の間で危険因子が共有されるため、より良い患者のケアに貢献することができます。さらに、医療分野間のより良い協力関係によって、今まで気づかなかったような口腔衛生ニーズを浮き彫りにできる可能性もあります。

  • 社会的および個人を対象としたヘルスプロモーションの相乗効果が必要

社会的および個人的側面では、特に予防に焦点を当てて、両方において平等な条件で並行して機能する必要があります。

  • 歯科治療の費用負担は改善されるべき

予防的アプローチの場合、歯科治療は特定の問題にのみ歯科治療を求める患者にとって、手頃な価格でなければなりません。

結果として、予防的アプローチの条件を作り出すことは社会的および経済的利点があり、歯周病の有病率と負担を制限できます。

原文を読む

TePe デンタルニュース

年に4回、歯科に関する最新の記事やレポート、リンクをご紹介します。こちらをフォローしてご購読いただくことによって、歯科に関する最新情報を常にアップデートできます。

私たちTePe社が情報を見つけ、エッセンスを要約して皆さまにお届けしますので、情報を探すための皆様の時間の節約にもなります。

検索結果に戻る